エデンヒーリングスペースmasaruのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐れや不安

<<   作成日時 : 2018/12/05 17:57  

トラックバック 0 / コメント 0

恐れや不安といった想念物質と意識が一体化するほどその感情が強まってしまう。
この想念物質は、基本的には自分で生み出しています。
他者が生み出している想念物質に触れて、自らも生み出すこともあります。

恐れや不安を生み出すときに、何かの状況に対して自分の信念を通してみます。
その時に否定的な見方をします。
「(仕事)うまくいかない」
「(人生)思い通りにならない」
「(お金)なくなる」
「(恋人)失う」
など、未来を否定的に予測します。
それと同時に自分に対するイメージ(人物像)を重ね合わせます。
肉体があって、性格、人格、能力てきなものを自分(信念の集合体)とします。
「自分の体力では無理」
「自分の性格には合わない」
「自分の人格を受け入れてもらえない」
「自分の能力では無理」と、
自分(信念の集合体)では、解決できないとなると、恐れや不安を生み出します。

状況から否定的未来を想像します。一つ目の想念物質を作りました。
未来に対して対応する自分(信念からのイメージ)を作りました。二つ目の想念物質です。
その後、恐れ、不安を作りました。三つ目の想念物質です。
それらを、現実という想念物質を作りました。4つ目の想念物質です。
物質世界の肉体に現れて、動けなくなります。
意識が物質化され自由さが無くなりました。
恐れと不安が一体化した肉体に、意識が一体化してしまいました。

この状態を実感するとかなり不自由です。
全て自分でやっています。
実感したら本来の自分、自由な意識に戻ってください。

動けなくなるまでの流れを見ると分かるのですが、
目には見えない、意識から思考を通して想念物質を作り、肉体へと物質的な密度を増していきます。
低密度の状態から高密度へと進むのが創造の過程です。

人間の主体が肉体(高密度の物質)と信じていると、高密度の物質だけが現実を作っている思うのです。
物質によって世界が作られていると信じるほどに、内面では失うことの恐怖や不安が増します。
物質によって世界が作られていると信じるのは、物質崇拝です。
神の存在よりも物質が上回っているのです。神よりも恐れ、崇めているから罪を犯しているのです。

恐れや不安などの感情的な想念物質と否定的な信念の想念物質なども、
神よりも恐れ、崇めているから罪を犯しているのです。
恐れは本人の内では怖がっているのだから罪だとは、認識しづらいのです。
でも、想念物質を崇拝しているのです。

想念や物質の崇拝を偶像崇拝とも言います。この罪を犯すほど、不自由になるのです。
逆に自分がしてたことを認め、悔い改めると自由な意識となり神との繋がりが深まります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
恐れや不安 エデンヒーリングスペースmasaruのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる