エデンヒーリングスペースmasaruのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 認めると信じる

<<   作成日時 : 2018/11/16 10:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「神の存在は認める」という人の中には、自分を中心にして神の存在を認めているだけであることに気づかないことが多いです。
自分の信念、都合に合わせて神の存在を認めるているだけなので、神を自分より下に置いています。
神の思いより、自分の思いが優先です。
誰が世界を創り、誰によって自分が存在しているのか忘れています。
自分や周りの事について、祈る(お願いする)ので自分には信仰があると思い込みます。
祈っているから、
「自分は神との繋がりを持っている。」
「自分は神を無視していない。」
と自分の内で叫び、信仰がある、神を信じていると主張します。
でも、それらの叫びは自分が一体化したサタンの欺きです。
サタンは、神の存在を認めています。しかし、神の行いを信じてはいません。だから反抗した。
自分の信念に沿った方法でことが起こらなければ不満になります。
神を自分より下に置いている間は、サタンを信仰していることになります。

「神の存在を認める」だけでは神との関係性が正しくないのです。
神との関係性において罪を犯しているのです。
罪を犯したのは自分です。罪を裁くのではなく、自分が神に裁かれるのです。
神との関係が悔い改めの根幹となるものです。
自分を捨てて神中心へと改めた自分となるのです。

神を信じている人は、すべてを委ねます。
神を中心としているのです。
神の声、神の望みを聞こうとします。
神に向かってものごとを行います。
失うものがあっても、苦難があっても、受け入れているのです。
その先にある光を見つめているのです。

神は信仰のない人にも、ヒーリングを起こします。
神との関係に気づくために。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
認めると信じる エデンヒーリングスペースmasaruのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる