エデンヒーリングスペースmasaruのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS

<<   作成日時 : 2018/10/07 12:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

霊としての罪とは、自分の本質でないものを崇めていること。

思考(エゴイズム、信念、感情、強欲など)を自分と同一視して、
「私」と思っている。その「私」を王や神として崇め何よりも第一優先にする。
それが、霊として存在するものの罪。
思考は、社会的な法律を破っていないから「私」に罪は無いという。
それは社会的な犯罪を犯していないということである。
犯罪を犯していないから、神に対しても罪はないと「私」に言い聞かす。
思考の「私」は周りの人たちに対して常に善人でありたいと考える。
裏を返せは、「私」は悪人だから善人でありたい。
善人でありたい、その緊張から恐れを発している。
「思考(エゴイズム、信念、感情、強欲など)である私=神」を信じて、
「私=神}を救おうとすれば、苦しみは増すばかりである。

霊として存在させ、創造エネルギーを与えてくれている神・宇宙よりも、「思考である私」を信じている。
しかも、「思考である私」を活かそうとしてそこに、創造エネルギーをつぎ込んでいる。
創造エネルギーの無駄使いである。
これが罪だ。
創造エネルギーは神に注ぎ込むものである。そうすれば、神の国が現れる。


キリストと共にハートに集中し深くリラックスする。
しゃべりまくり、考え続ける思考が止まれば「思考である私」は消えて、
霊としての自分が現れる。
霊としての自分が、「思考である私」に意識を向ければ、
それが、愚かなものだったと気付き、罪を認められる。

「思考である私」は癒すものではなく、消すものだ。
「思考である私」が癒されたと勘違いしてはいけない。
「思考である私」が消えた状態が、神との繋がりを取り戻しヒーリングされた状態だ。
全体に帰ることがヒーリングだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
罪 エデンヒーリングスペースmasaruのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる